Artist: 
Search: 
Reddit

ShibayanRecords - 花のいろは lyrics

唐紅の名残の花 ようよう揺れる水面の果て
舟人の櫂の誘う浜 宵の宴は支度を待たねど

うつりにけりなうつつの色
ながめせしまに彼岸の虚
曼珠沙華咲く三途の藍
散る 散る 散る 朽ち行く

六文を秤にかけ 閑を遊戯にすりかえ
手慰みに石を並べ 幾千の罪を遊む

たそかれの黄金の川 佇むは少女と百合
風化する骨を並べ 三千世界を誘え

彼方に見る享楽の闇
此方に見る皆苦の海
盛りさえ一睡の儚さに消え
指に乗せる記憶の花

渡る烏の羽音を読み
酒精を浴び微笑みかける
裁かれ行くは定めと悟る
たましいの絶望が糧

しじまに浮き上がるは黄泉
月読みては数える時
水まさりなば踏み毀れるは橋
導くのは木の船

胡蝶うたまう火葬の跡
香る盆の夕暮れには
七宝の善と深遠の悪
あいまみえて連れ添う

花のいろははいたづらの睡
野にさらせば腕の憂い
身むなしくなりぬ崩れゆくは恋
掻い摘むも刹那の粋

風見鶏の尾羽を折り
漕ぎつけるは此岸の街
ひとの宴に業誘う宵
飽いた視線酔いにはまだ

永世行く旅路もなし
さざ波のなびく潮のみ
雲間の月の差して鎌には紅
降り積もるは花びら

悔い贖う輪廻の先
現世には那由多の夢
今生は塵芥の園
幽玄まで連れ添う

うつつの色うつりにけりな一夜
彼岸の虚ながめせしまに満つ
曼珠沙華舞う三途の藍に香に眠れ
散り朽ちるを見届けるだけ

花のいろは
いたづらの睡を悼む紅に
身までむなしまた夢の世ぞ
遊ばれて絶えなむ
野にさらせば一握の憂い
手向けるは一輪の花