Artist: 
Search: 
Reddit

陰陽座 (Onmyouza) - 鵺 lyrics

黒雲を其の身に纏い
丑三つに囀る
其の闇は正に黒い
兇事を山と帯びる

鳴弦の乾いた音に
幽かに混じりて
魂を 喚ばい戻す
寂しげな聲が游ぐ

頤を 風に乗せて 晒し上げる
此糸朱を奪う
剥き出しの肝を撫で付け

鵺が嗤う 鵺が唄う

「不気味に光る其の目を潰し
奇っ怪なる身体を
膾と切り刻んでも
残念乍ら無益なり。
それはぬえでは御座らぬ。」
 
人に隠れた鬼子の末期
着切る衣でふらふらと
里に紛れた女子の枕
穢も哀とてはらはらと
谷に焼かれた夜盗の弥次は
窟破りてやれやれと

泡沫水泡の折しも消ゆる間際
茜に射し込み 眩れ逝く 我を詰る

泡沫水泡の折しも消ゆる間際
尸を鎖し籠み 真柴に 我は染まる
真柴も 朱に染まる

鵺が嗤う 鵺が唄う
鵺が踊る 鵺が噎ぶ